●1月6日
 
なにかを形にしたくて 夜な夜な楽譜にかじりついて
結局できたものは薄っぺらくて
私の歌は一体 どこにあるって
自問自答しても  答えでないから
今まで歩いてきた道は
決して間違いじゃなかったと
だれかが教えてくれたみたいにさ
それはまるで他人からの なだめの言葉にしか聞こえなくて
 
 
いつもいつも私は   他人に任せてばかりで
自分の意思はどこにもなくて。
だれかが決めてくれると いつもどこか期待して
 
でも、ここから先は   自分で   決めていくんだ
 
 
1月6日。初めての東京
左手の中には 少しの不安だけ
握りしめたまま 駅を歩く
何もわからずに   ここまで歩いてきたけど
まだまだ私は    ここで立ちすくんだまま
 
 
いつもいつも私は
見えないものに蓋をして
現実から逃げてばかりでも もう一度
向き合って 向き合って また明日がきて向き合って
もう  ここから先は 自分で やっていくんだ