●不器用のうた
 
私は何をやっても なんでも不器用と言われて
バイト先では みんなの 揚げ足を取っては笑われる
何をするにもあわてんぼうで モタモタして遅刻して空回り
そんな自分に呆れ果て、今日も石ころ 蹴って帰る
 
あぁ   やるせないな   こんな自分変わりたくて。
あぁ   不甲斐ないな   今日も布団噛んで涙拭いてまた明日が
 
 
でも私にはヴィブラフォンという武器が 
いつでも心を支えてくれる
きっと私にしか出せない音がある
 
そう信じて今日は 笑って帰る